2016年10月16日日曜日

インターネットサービスを中心に事業展開する上場企業に共通する財務諸表の特徴

どんぶり会計β版でビジュアル財務諸表をたくさん眺めていると、財務諸表を見るだけで会社名を見なくても業界がわかったり、会社名がわかったりする場合があります。

インターネットサービスでうまくいっている上場企業も、共通する特徴を持っています。今日は、3社取り上げてみます。

1社目は、比較.com株式会社。


比較.com株式会社 ビジュアル財務諸表 比例縮尺財務諸表



本業の儲けを示す営業利益が47%と売上のほぼ半分。負債の割合がとても少ないのが特徴です。高詳細モードで貸借対照表(BS)見てみます。

比較.com株式会社 財務諸表

有利子負債がなく、買掛債務が少なく、資産に占める現預金等の割合が90%と超キャッシュリッチであることが特徴です。


2社目は、株式会社ぐるなび。



株式会社ぐるなび ビジュアル財務諸表 比例縮尺財務諸表



本業の儲けを示す営業利益の売上高に対する割合が18%と比較.com よりは劣りますが、それでも一般的な企業に比べて売上高営業利益率は高いです。資産に対する負債の割合も少ないのが特徴です。

株式会社ぐるなび 財務諸表


高詳細モードで貸借対照表(BS)見てみると、やはり有利子負債がなく、買掛債務が少なく、資産に占める現預金等の割合が47%とキャッシュリッチであることがうかがえます。比較.com と違うのは資産よりも売上が多い点で、資産を効率よく利用していると言えそうです。


3社目はヤフー株式会社。

※ どんぶり会計β版の自動解析が、IFRS に対応していないため、2014年3月期と少し古いデータです。

ヤフー株式会社 ビジュアル財務諸表 比例縮尺財務諸表

売上高営業利益率は、50%を超え、グラフは最初に挙げた比較.com ととてもよく似ています。

ヤフー株式会社 財務諸表


高詳細モードで貸借対照表(BS)を見てみると、やはり有利子負債がなく、資産の57%が現預金等とキャッシュリッチです。

3社で最も大きな違いは?


このように、3社のビジュアル財務諸表の特徴は似ているのですが、3社の最も大きな違いはスケールです。たとえば売上を比べると、比較.com、ぐるなび、ヤフーは、それぞれ、8億円、34億円、3,860億円となっています。



どんぶり会計β版では、上場企業3,000社を超えるビジュアル財務諸表の閲覧を無料で行えます。会員登録のうえ、ぜひご利用ください。

比較.com 株式会社

株式会社ぐるなび

ヤフー株式会社


0 件のコメント:

コメントを投稿

【更新情報】東レ、やまや、フジッコ、セコム他、192社の有価証券報告書を取り込みました

2017年6月27日にEDINET に提出された会社192社の有価証券報告書(2017年3期)を解析し、173社のビジュアル(比例縮尺)財務諸表を作成・公開しました。 ※ どんぶり会計β版ですべてのビジュアル財務諸表をご覧いただくためには、会員登録(無料)が必要です。 ...